読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜHey!Say!JUMPが27時間テレビに起用されたのか?

おひさしぶりの更新となりました。

毎日書こう書こうと思いつつもめまぐるしく情報が流れ、波に乗れていない状況でありました(/_;)

昨日からツアーがスタートし、みんなの気持ちがツアー一色なところでこの話題ですw

ちょっとタイミング遅すぎて需要なんて皆無ですがお付き合いくださいませ!

 

 

まずはじめに。

私は局の関係者でも事務所の関係者でもなんでもないただの一ヲタクであるので これからの文章は想像であり妄想に過ぎません。

 

f:id:staaart:20160729110948p:plain

 

まず、なぜ彼らに白羽の矢がたったのか?ということ。

どうして彼らがあんなにもメインで起用されたのか?

終わって一息ついて「気に食わない」こともあったけれど、今回は感想や私の気持ち別にして「起用されたこと」についてだけ触れてみたいと思う。

以下の3点に絞り、ひとつずつまとめてみた。

 

f:id:staaart:20160729110132p:plainいま流行っているから

 

ここ数年の間で彼らの露出量が圧倒的に増えたことは間違いない。

レギュラー番組(個人含む)の増加、雑誌(アイドル誌以外)の掲載率、プロモーションにおけるテレビ・雑誌出演 いままでいわゆる「バーター」出演であったドラマや映画が、単体出演および主演になってきた。

そこから必然的にプロモーションの熱量や濃度も濃くなっていくし、本人のモチベーションにも関係していくことから 一般市民への良いアピールになっていたことが、露出・人気の増加を促したことと考える。

 

f:id:staaart:20160729110132p:plain冠番組の調子がいいから

 

これに関しては全く実証はない。

本当はデータやアンケートなどを集めてみたいのだが… 今回は「こうなんじゃないの?」くらいの素人の言葉なのでさらっと受け流してほしい..

 

現在、同局にてメンバー全員で出演しているレギュラー番組がある。

夜帯でありながらまずまずの視聴率を獲得しているようで(同局深夜枠バラエティ比較)、そこに基づいてか定期的に時間延長スペシャルなども組み込まれている。

番組内企画においても、出演者が大人数であるにも関わらず、比較的予算は多く組まれているように見受けられる。

飲食系企画に関しても、実験系企画に関しても、拘束時間の確保や出演店舗などの相場を考えてみても、同局同時間帯のバラエティにしては高額で組まれているように思える。
ギャランティに関して単体でなくグループとしてであり、トータル金額は比較的安価である可能性も高い。

今回の27時間テレビにおいても番組名を背負って一つの催しとして組み立てられていることから推測する。 

 

f:id:staaart:20160729110132p:plain同局にレギュラーを持っているから

 

現状(2016年7月現在)でグループとしての番組のほか、メンバー1人が朝の情報番組・夜の連続ドラマに出演している。

どちらもビジネス色が強いテーマであることから、通常のターゲットとしてはビジネス層「30代以上」としている可能性が高い。

(ドラマに関しては新入社員をテーマにしてはいるが・・・)

それなのにもかかわらず、10代からの支持が高い彼らを起用しているあたりに

番組の内容うんぬんというより同局の現状「弱い層」と言われる若い女性層を取り込むためのキャスティングであると考えてよいだろう。

 

 

 

以上のことから、彼らに対する「大人たち」の期待が大きく飛躍したものと思われる。

 

彼らを応援するファンにとっては、彼らが多くの一般層に対して露出することは喜ばしいのだが…だからこそ万全の態勢で臨んでほしいものである。

 

ほんの少しの誤解で彼らの良さがねじ曲がって伝わってしまうのだけは避けたいというのがファンの願いだ。