読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仙台で天使の背中を見た

八乙女光くんのふるさと「仙台」での公演にお誘いいただき、初めて仙台公演におじゃましてきた。
ずっとずっとあの場所で一緒に…と思っていたが、念願叶っての参加だった。
(ご一緒させていただきありがとうございました!!)

 

書き留めておきたいことはたくさんある。
光くんのビジュアル、MCの内容、ステージ上のファンサービス…

2時間の中で、名前の通りにキラキラと輝く光くんをたくさん見た。

 

それでも残された記憶の中で、どうしても飛び抜けてしまうのは
最後の挨拶での光くんの言葉。

Wアンコールが終わり、絶対に光くんが総括だろうなって思う中、彼が自ら「僕が締めます。」と言って前に出た。

あらかじめ「自分から出て」と打合せされていたのかもしれない。

 

それでも、それだけでかなりぐっとくるものがあった。
すぐにでも涙があふれ出そうになったが、ここはしっかりと彼の勇姿を目に焼き付けるべく前を向いた。

 

「あんまり慣れてないんですけど…」

 

そういってゆっくりと話し出す彼の瞳には、うっすら涙がたまっているように見えた。

 

「本当に…帰るのさみしいわ!」

「テレビも含めて3日間くらいいたんですけど。本当に楽しかったです。」

「僕ら9年目にして、来年10年目になるんですけど…」

「日々精進して、ここにいるみんなはもちろん、世界一幸せなファンにしてm(噛む)」

 

せっかくのかっこいい場面で噛んでしまってメンバーに冷やかされる姿。

裕翔くんが言った「これが八乙女光なんです。」にメンバーもファンもみんな笑ってた。


こんな姿も、あの頃の私が見たかった風景だなぁ~なんて考えながら、笑いながら前を向いた。

 

ステージ真横から見える風景。

仙台で、天使の背中を見た。

 

「ここにいるみんな、世界一のファンにするぞー!!」

 

大好きな彼の声が響く。 

あの場所にいて、光くんの声を聴けて本当に良かった。

 

 

ねぇ光くん。

最後に光くんが叫んだのは「世界一のファン」だったけど

わたしは噛む前の「世界一幸せなファン」が気に入ったからこっちにするね。

わたしは、光くんのファンで世界一幸せだよ。

 

これからも貴方の活躍を祈っています。

 

f:id:staaart:20160901225606j:image

 

(ο^w^)また「ただいま」って言わせてね!

 

最後の去り際に光くんが言った言葉。

もちろん泣いた。

なぜHey!Say!JUMPが27時間テレビに起用されたのか?

おひさしぶりの更新となりました。

毎日書こう書こうと思いつつもめまぐるしく情報が流れ、波に乗れていない状況でありました(/_;)

昨日からツアーがスタートし、みんなの気持ちがツアー一色なところでこの話題ですw

ちょっとタイミング遅すぎて需要なんて皆無ですがお付き合いくださいませ!

 

 

まずはじめに。

私は局の関係者でも事務所の関係者でもなんでもないただの一ヲタクであるので これからの文章は想像であり妄想に過ぎません。

 

f:id:staaart:20160729110948p:plain

 

まず、なぜ彼らに白羽の矢がたったのか?ということ。

どうして彼らがあんなにもメインで起用されたのか?

終わって一息ついて「気に食わない」こともあったけれど、今回は感想や私の気持ち別にして「起用されたこと」についてだけ触れてみたいと思う。

以下の3点に絞り、ひとつずつまとめてみた。

 

f:id:staaart:20160729110132p:plainいま流行っているから

 

ここ数年の間で彼らの露出量が圧倒的に増えたことは間違いない。

レギュラー番組(個人含む)の増加、雑誌(アイドル誌以外)の掲載率、プロモーションにおけるテレビ・雑誌出演 いままでいわゆる「バーター」出演であったドラマや映画が、単体出演および主演になってきた。

そこから必然的にプロモーションの熱量や濃度も濃くなっていくし、本人のモチベーションにも関係していくことから 一般市民への良いアピールになっていたことが、露出・人気の増加を促したことと考える。

 

f:id:staaart:20160729110132p:plain冠番組の調子がいいから

 

これに関しては全く実証はない。

本当はデータやアンケートなどを集めてみたいのだが… 今回は「こうなんじゃないの?」くらいの素人の言葉なのでさらっと受け流してほしい..

 

現在、同局にてメンバー全員で出演しているレギュラー番組がある。

夜帯でありながらまずまずの視聴率を獲得しているようで(同局深夜枠バラエティ比較)、そこに基づいてか定期的に時間延長スペシャルなども組み込まれている。

番組内企画においても、出演者が大人数であるにも関わらず、比較的予算は多く組まれているように見受けられる。

飲食系企画に関しても、実験系企画に関しても、拘束時間の確保や出演店舗などの相場を考えてみても、同局同時間帯のバラエティにしては高額で組まれているように思える。
ギャランティに関して単体でなくグループとしてであり、トータル金額は比較的安価である可能性も高い。

今回の27時間テレビにおいても番組名を背負って一つの催しとして組み立てられていることから推測する。 

 

f:id:staaart:20160729110132p:plain同局にレギュラーを持っているから

 

現状(2016年7月現在)でグループとしての番組のほか、メンバー1人が朝の情報番組・夜の連続ドラマに出演している。

どちらもビジネス色が強いテーマであることから、通常のターゲットとしてはビジネス層「30代以上」としている可能性が高い。

(ドラマに関しては新入社員をテーマにしてはいるが・・・)

それなのにもかかわらず、10代からの支持が高い彼らを起用しているあたりに

番組の内容うんぬんというより同局の現状「弱い層」と言われる若い女性層を取り込むためのキャスティングであると考えてよいだろう。

 

 

 

以上のことから、彼らに対する「大人たち」の期待が大きく飛躍したものと思われる。

 

彼らを応援するファンにとっては、彼らが多くの一般層に対して露出することは喜ばしいのだが…だからこそ万全の態勢で臨んでほしいものである。

 

ほんの少しの誤解で彼らの良さがねじ曲がって伝わってしまうのだけは避けたいというのがファンの願いだ。

 

JUMP担が(はじめて)KAT-TUNのコンサートに行った話

開演からおよそ3時間…
本当に自分はあの空間に存在していたのだろうか?

そんな思いにさせられるほど、グッと彼らに心をわしづかみにされた。

 

2016年4月30日、お友達にお誘いいただき「KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR"10ks!"」東京ドーム2日目に行ってきました。

記憶力も乏しいアラサーだし、なにもかもに夢中だったのでレポなんて大それたことはできないので
私なりの、JUMP担なりの感想を書き綴らせていただきます。

 

JUMP担が(はじめて)KAT-TUNのコンサートに行った。

時は10年以上前…私の通っていた高校(ド田舎)には、当たり前にジャニーズファンがあふれていた。
田舎だからジャニショの公式写真とか持っている子はヒーローだったし
「東京いってきた。」は、要するにジャニーズのコンサートやイベント行ってきた。ってことだった。

多くのジャニーズファンがいたけど、なかでも圧倒的人気を誇っていたのがKAT-TUNだった。
「ちょっと悪いお兄さん」というイメージだった彼らの姿に、田舎の女子高生は夢中だった。
いわゆる「ごく出の新規」が多かったものの、男女問わず人気があった。

私自身、担当は当時ya-ya-yah所属の年下くんだったもののKAT-TUNには「憧れの先輩」枠としてお世話になっていた。

10年以上前から見てきた彼らに、初めて対面したのが「充電期間」前、最後のツアーだなんて。
とにかく、後悔している。なんでもっと早く会いに行かなかったんだろう。

周りのジャニヲタから聞いてはいた。
「「KAT-TUNのコンサートが一番かっこいい。」」

うん。これ、マジ。
なにからなにまで「うらやましい」って思った。

 

f:id:staaart:20160502145218j:plainオープニング映像がうらやましい

なにあれ!!
今回が10周年のANNIVERSARYだったからっていうのもあるのだろうけど
あんなにオープニングの映像に胸をわしづかみにされたのは初めてだった。

過去の映像とともに、カウントダウンのように現在に近づいてくる。

過去のコンサートの映像にグッときている間なんてない!
「あぁ!!KAT-TUNに会える!KAT-TUNがやってくる!!」

オープニング映像だけで、こんな気持ちになるなんて思わなかった。
始まらないでほしい、とさえ思った。
この心臓の高鳴りでコンサートが始まってしまったら「殺される!」と…。

常日頃から自担所属のグループのオープニングに物足りなさを感じているというのもあるかもしれない。
そのくらいオープニング映像って大事なんだな、と考えさせられた。

映像が終わり、アッという間に彼らがやってくる。
そこはもう、彼らの海賊船の上だった。

 

f:id:staaart:20160502145218j:plainなにあの特攻!?

きいてはいた。きいてはいたけど…
なにあの特攻!!!

火と水と光と…
なんて言ったって全てがとにかく抜群のタイミングすぎる。

なんなのあれ、私の知ってるジャニーズのコンサートじゃない!
ただやみくもに使っているわけではもちろんなくて
炎で会場を盛り上げたらちゃんと鎮火で水を使う。(予測)
ただただドカーン!とするわけではなく、最高潮のタイミングで打ちあがった花火には鳥肌が立った。

個人的にはレーザーの使い方がタイプすぎてただただ感激していた。
あれ?ここ東京ドームですよね?
ちっさいライブハウスじゃないですよね?
という感覚になる。
あんなにばかデカい会場に、何本も何本も現れるレーザー。
ギンギンに目が痛くなるほどのレーザー攻撃に「アイドル」のほかの「ミュージシャン」を感じた。

たった一つ、違う方向を向いてまっすぐに天井を指していた1本のレーザーがあった。
みつめていると、なぜだか涙が出た。

 

f:id:staaart:20160502145218j:plainMC愉快すぎる

KAT-TUNのMCは単純におもしろい」かつて彼らを全力でおいかけていた友人がボソッと言っていた。

「MCってどのグループも面白いんじゃないの?」
そりゃあ好きなアーティストのコンサートだし、彼らのプライベートな部分を聞くことができるかもしれないMCは、ジャニーズのみならずどんなアーティストだっておもしろいんじゃないの?そう思っていた。

KAT-TUNは違った。
ただただプライベートをちょい出しして歓声をもらうのではない。
なんていうかマジシュール(笑)ジワジワくる系。
ほかのグループだったらそんなに引っ張らないんじゃない?ってくらい一つのことの密度が濃い。
なのに不思議と「長い」と感じなかったのは、彼らの「魅せる」チカラなんだと思う。

会場にはすべてがグループのファンというわけではない。
「ちょっと興味があって。」そんな人もいるはずだ。
その人達を満足させるMCを、すべてのグループが彼らのようにできるのだろうか…

 

f:id:staaart:20160502145218j:plainグッズのセンスがいい

モノトーンを基調としたグッズ構成は、オトナなジャニヲタには本当にありがたいと思う。

某ポップでハッピーなデザインだと、テンションが上がっているツアー中は良いにしても
その後、部屋の中で並べて呆然とする確率の高さといったら…。

その点、KAT-TUNのグッズは彼らのイメージもあってかシックなものが多く
会場でもツイッター上でも、自分なりにアレンジして持っているファンを多く見かけた。
若いファンにはない余裕(と経験)、アレンジのしやすいデザインだからこそ
KAT-TUNと「ハイフン」とが一緒になって作っている。という感覚が強く、お互いに絆さえ感じられた。

今回のペンライトは「拳銃型」だったのだけれど、こちらフォルムも良けりゃ~持ち運びや収納にも優しいデザイン。
(飛行機に乗るときは荷物検査に引っかかるという話で話題でしたが(笑))

ずるい!!こういうやつがほしい!!
純粋にこう思った。

(充電器間やっぱり買えばよかった…)

 

f:id:staaart:20160502145218j:plainKAT-TUNとファンの関係性

アンコールのあと、会場全体で手を繋いで叫んだ。

「We are KAT-TUN!!」

通路を挟んで隣までしっかりと手を繋いで。
友人は「これがKAT-TUNコンサートの習慣なの」と言っていたけれど
これって本当にすごいことだと思う。
コンサートって、いろんな人がいるし、すべての人がかならずしもマナーがいいわけじゃない。
自分自身も「マナー良い」って思っているだけで、他人からは「マナー悪い」って思われているかもしれない。
楽しくて、最高の空間だからこそ
自分以外の人に言動ってちょっとしたことが気になってしまうものだけれど

最後、KAT-TUNが「手を繋げ!」って言った瞬間、みんなそんなこと吹っ飛んでしまう。
ためらうことなく両サイドで手を繋ぐ。

前述でも話したが、ここは東京ドームだ。ちっちゃいライブハウスではない。
55000人収容の東京ドームである。

両サイドと顔を見合わせ挨拶をしたのち、手を繋ぐその瞬間。
本当に「会場みんな一緒」になった気がした。

 

f:id:staaart:20160502145218j:plainいかないで…

最後、モニターに映し出された扉の中に消えていく3人。
そのあとその扉が一筋の光となり、遠いところへ飛んでいく…

メンバーカラーになぞらえられた一筋の光が、飛んでいくなんて容易に想像できるのに
なぜだか涙か止まらなかった。

コンサート中、何度も何度もこみあげてくる涙をこらえて
「君のユメ ぼくのユメ」で涙腺が崩壊。

最後の3人の挨拶時には、大型のモニターでさえ見えなくなるほど泣いた。

なのに、扉の向こうに消えていく3人を表す3つの光が
遠くの空へ飛んで行って、また3つが重なり合ったとき。

「いかないで…」という思いと「ありがとう」という思いがあわせて襲ってきた。

最後までカッコよかった。
ずっと、待ち続けたいと思った。
彼らの思いと、ファンのみんなの思いが伝わってくるコンサートだった。

 

 

f:id:staaart:20160502162601j:plain

 

 

なにをどう伝えればいいのかわからなくて
簡単に「最高だった」なんて言ったらいけない気がして…

でも「最高だった」ことは伝えたかった。

なんでいままで行かなかったんだろう?って純粋に思ったし、この思いをハイフンのみなさんに伝えたかった。

支離滅裂で、なに言ってんだ?って文章だけど
これが私のKAT-TUNのコンサートの感想です。

 

最後にKAT-TUNのみなさん。並びにハイフンのみなさん。
デビュー10周年、本当におめでとうございます。

2016.04.24(SUN)オトナBEST会を開催しました!

お久しぶりです!しかです!
今回は4/24に行われた「オトナBEST会」のレポートをお送りいたします♪

オトナBEST会とは…??こちらの記事をご覧ください。

staaart.hatenablog.jp

 

2014.04.24(SUN)

前日夜からの雨で、足元の悪い中となりましたが
開始時間の昼過ぎには無事雨も上がり

総勢11名でオトナBEST会を開催いたしました\(^o^)/

当初の予定では13名と、前回のオトナJMP会と同じ人数でウキウキだったのですが
残念ながら前日、当日キャンセルもあり11名にて開催となりました!

 

場所はジャニヲタ御用達の渋谷♡
前回のオトナJUMP会にて発見した会場にて開催させていただきました。

(お値段も1人1時間1080円でフリードリンクという優しさ!)

 

13:00~ BEST会スタート

まずは自己紹介や会場の飾り付けを鑑賞&撮影タイム!

みんなからこんなに素敵なものをいただいたよ!!(ウケ狙いも含むw)

 

https://www.instagram.com/p/BElyK_CO8B1/

BEST会を主催してきました\(^o^)/来てくれてみんなに感謝♡.#heysayjump #heysaybest #ヲタ会 #ジャニヲタ #オトナJUMP会

 

飾りつけの土台は伊野尾担のあさちゃん&有岡担のキキちゃんにご協力いただきました!

BESTハンガー大集合で圧巻!素晴らしかった!!

内輪や有岡ダッフィーは参加者のみなさまから♡

わたしはBEST写真のコラージュボードとBESTくまさん、BESTメガネを作成して飾りました!

 

13:30~ BESTコーナーDVD鑑賞会

本日のメインイベント!!
歴代のコンサートDVDに収録されてるBESTコーナーをまとめたDVDを作成いたしました!!
これが一番準備に時間かかったかなw
地道に地道に動画を切って貼ってを繰り返し、ウケ狙いでJ-storm仕様に仕上げました!

全部を切ってつないだらおおよそ1時間のVTRになりました!
これでBESTコーナーだけをエンドレスで見ることが出来るのです\(^o^)/

途中でBESTコーナーごっこもww
即興で5人で全力で演じました!

恐れ多くも八乙女役をやらせてもらたよ♡
即興のわりにみんななかなかの完成度で、動画をお見せできないのが残念なくらいですw
次回はもっと上手にできるように練習しなきゃ\(^o^)/←

前回のオトナJUMP会に参加してくれたみんなは「しか&しぃのボイドン」という演目をご存知だと思うけど
それよりテンションMaxでロングでやりきりましたww

そして、こちらのDVDはわたしから参加者のみんなへのプレゼントです!

っていったら「#しかちゃん神」っていうタグが出来たw
気になる方はTwitterで検索してみてねw

 

15:00~ 有岡大貴くん生誕祭!!

1週間遅くなってしまいましたが、今回のBEST会は有岡大貴生誕祭もかねております!

どどーーーーーん!!!!
なんという素晴らしいケーキ♡
有岡くんのキュートさを表したケーキのデザインに、25歳のオトナの有岡を彷彿とさせる写真…
我ながらなんという素晴らしいものが出来てしまったんだ!
と感動しています←

ちなみにミッキー×有岡くんをイメージしてディスニーフォントで文字入れしてみたよ♡

みんなでケーキをいただきながら、有岡くんも愛でる時間です♪

ハッピーバースデー有岡くん♡

 

15:30~ フリータイム

フリータイムではBEST曲のカラオケ&現在期間限定で本人映像が流れるという事でションズ!

たまらん( ;∀;)大画面でへいせ…ゴホンッ!せんせーションズ!!

途中モー娘。も歌って踊るという事態も!(世代)

 みんなで歌って踊ってお菓子食べて写真撮って…というかなり濃厚な時間になりました!
自由自在!ハンガーち記念撮影する子や、壁に貼ってある写真をなでなでする子…などなど多種多様な過ごし方ができたようです(*‘∀‘)♪

16:00 BEST会終了!!

ご参加いただいた皆様本当にお疲れ様でした!
今回参加者の方半数が伊野尾担!(安定の多さ!)、そして薮担不在というまたもやバランスの悪い集め方で申し訳ありませんでした(>_<)

今回はBEST会という事で、JUMPの中でも半分に絞られるため、人数を集められるか不安な部分もありましたが…なんと11名での開催!
たくさんの方にご協力いただき、当日を迎えることが出来ました。
毎回毎回、なんだかんだで弱音はいて「もう間に合わなーい!!」ってなる私を励ましてくれてありがとう!
前回のJUMP会は全員初見というかなり衝撃的な幹事でしたが(笑)今回は知り合い同士も多く、和気あいあいと進行する事が出来ました!

参加してくれたみんな!参加したかった…といってくれていたみんな!
本当に本当にありがとうございました!!!!

 

以下、当日参加者様のツイートを掲載させていただきます♡
まとめツイートにも使わせていただきました!
※掲載NGだったら言ってくださいね!

togetter.com

 

thank you♡

オトナも妄想するんデス!~Hey!Say!JUMP座席表妄想~

突然どうしてもブログを書きたくなってしまったので、前々から温めていたこの記事を投稿することにしました。


どうも「真剣しかシャイン」こと、しかです。←*1

最近は業務連絡とアンケート結果用ブログみたいになってしまっていますが
Twitter上では毎日くだらないことを仲間と言い合って元気にやっております!

以前、こんなツイートがあった事を覚えているだろうか?

 

 

ええ。ちょっとした出来心だったんです。
若者のTwitter上これに似た(ほぼ同じ)テーマをみつけて
こっそり話の流れをみていました。*2

そこでは、現役学生ならではのリアルな日常をはさんだ会話がくりひろげられていた。

「「うらやましい!!」」

まず最初の感想はコレ。
現役なだけあってリアルを上手く混ぜ込み、あたかも目の前で繰り広げられているかのような内容・・・
果たしてコレを、わたしたち大人に表現できるのだろうか??

そう考えた時に、仲間たちであれば湯水のように妄想が沸いてくるであろうと確信した。*3
そこで後先なんにも考えずに先程のツイートをpostしたというわけである。

 

f:id:staaart:20160329170106j:plain

 

もちろん反応は仲間内ではあったがすぐに帰ってきた。*4

以下、匿名で会話の流れをまとめております。
引用させていただいたフォロワーのみなさん。
個人が特定できないよう名前や会話を編集している箇所があります。ご了承ください。
また「これまずい!」っていうコメントがあったら教えてください!対応します!!

 

では、以下より昭和生まれの妄想トーク(選抜)をご覧ください<(_ _)>

 

*1:Hey!Say!JUMPさん新曲発売決定おめでとうございます!

*2:アラサーは若者に絡みにいけない生き物です。

*3:※日頃の交流からの見解です←

*4:のちにエゴサーチをかけてみるとかなりの人が反応してくれていたようだった。

続きを読む